Day30

昨日、紹介すると言っていたことについて。

まだ自転車を探し中で手に入れてないので、

まぁ、とにかく家の周りを歩いてます。

 

まずは、やっぱりお米です。どうにかしたいのは。

一人暮らしをしていて、パンを買うことは1年間通してありません。

米を食べます。いつも。いかなるときも。

ラーメン屋に行ってもチャーハンか白米頼みます。

上海にいた頃は、とにかくミーファン(白飯)を頼みました。

オランダにきてから、

ハンバーガーとか            パニーニとか

f:id:katsu1017:20180421232901j:plain f:id:katsu1017:20180421232028j:plain

パスタとか               ベーグルとか

f:id:katsu1017:20180421232733j:plain f:id:katsu1017:20180421234304j:plain               ポテチとか               パンとかバナナとか…。

f:id:katsu1017:20180422000125j:plain f:id:katsu1017:20180422000131j:plain

 小麦粉祭りの食生活をしてきました。

 

そんな私の食生活に、一筋の光を当ててくれたのは、

トルコ料理とインドネシア料理です。

f:id:katsu1017:20180421233531j:plain f:id:katsu1017:20180421233940j:plain

そうです。そこには、「米」があります。

そして、少し安い!

気がします。

 

そしてさらに、わたしに希望の光を当ててくれたのは、こちらです!

その名も「東方行」dongfangxing

f:id:katsu1017:20180421221012j:plain

f:id:katsu1017:20180421221033j:plain f:id:katsu1017:20180421221056j:plain

f:id:katsu1017:20180421221104j:plain f:id:katsu1017:20180421221143j:plain

f:id:katsu1017:20180421221145j:plain f:id:katsu1017:20180421221220j:plain

最後のみりん風はちょっと気になりますが、このらいんなっぷ。

お米は、タイ米があります!

日本の調味料は高いですが、お米は安いです。

4.5kgで6ユーロ(800円)くらい。

 

そして、カレーを作りました~。

野菜は、オランダ安いです。

じゃがいも 2.5kg →3.36ユーロ(450円) 

たまねぎ  2kg   →0.99ユーロ(134円)

にんじん  500g  →1.19ユーロ(160円)

とまと   5個    →0.99ユーロ(134円)

 

f:id:katsu1017:20180420061306j:plain

 

でも、やっぱり日本のお米はおいしい。

というかそのお米を食べて育ってきたからそう感じるんだろうけれど、

自分の中の日本的なところをモロに感じました。

日本のお米をいまのようにおいしくしてくれた人たちに感謝をこめていただいます。

でも、お米はいつからいまのような味なんだろうか。

 

食生活の次は、学習場所です。

つづく。