Day178

美しい都市

~後編~

 

闘牛、フラメンコ、パエリア。

情熱の国、スペイン。

バルセロナ。

なぜかテンションが高まる都市。

「バルセロ~ナ!」と言いたい都市。 

ガウディのこだわり

ガウディという人が

すごい建築家ということは

知っていたけれど、

サグラダファミリアを造ったとか

グエル公園を造ったとか

グエル公園にはトカゲがいるとか

カサ=ミラを造ったとか

知っていたのはそんな程度。

f:id:katsu1017:20180919073933j:plain

 

実際にガウディの手掛けたものを

目の当たりにするとすごいこだわり。

いまから10年以上前に

一度だけみたことがあったけど、

当時は全くわからんかった。

本当に同じ人間だったのかな~

って思わず考えこんじゃう人。

サグラダファミリア、

カサ=ミラ、

カサ=バトリョ、

カサ=ビュセンス、

グエル公園、

コロニア=グエル。

世界遺産に登録されている

ガウディの建築群。

ガウディが自然を

愛していることがすごいわかる。

ガウディの造ったものには

生き物がたくさん存在している。

みる人の想像力を掻き立てる

スペースがある。

そして直線がない。

自然は直線を嫌う

と言った造園家。

ガウディもそんな考えだったの?

自分が生きているうちに完成しない

何かを未来に積み上げるような生き様、

心に残りました。 

音声ガイドがすごくイイ

ガウディ建築を見学していると、

音声ガイドのすばらしさに驚かされる。

そもそも、10以上の言語が

一つの機械で再生可能なだけで価値あり。

驚いたのはカサ=バトリョの音声ガイド。

見た目はスマホ。

こいつのすごいところは、

建物の中でスマホをかざすと、

ガウディの頭の中が部屋に再現される。

ポケモンGO的な。

例えば、こちらの丸い窓。 

f:id:katsu1017:20180919070827j:plain

スマホをこの窓に向けると、

窓がウミガメになって宙を泳ぎだす。

他にも、窓が魚になって、

通気口部分が魚のエラのように。

はたまた昔暖炉だった場所に

スマホを向けると暖炉には炎が。

まるで3Dのアトラクション。

5€払う価値はありました。  

ビーチとゴミ収集車

バルセロナにはビーチがある。

そのビーチにはいろんなカップルがいる。

同性カップル。

年配カップル。

若いカップル。

騒いでるカップル。

静かなカップル。

飲んでるカップル。

ひたすら焼いてるカップル。

イチャイチャしてるカップル。

運動してるカップル。

とにかくいろんなカップルがいた。

ありのままに。

たまに生まれたままの姿で。

f:id:katsu1017:20180919080714j:plain

あと、バルセロナでどうしても

気になったのがゴミ収集車。 

本当ににぎやかな街で、

陽気な街で、

食べ物が美味しい街で、

楽しい街だった。

けど、ごみ収集車の通る頻度が

ハンパじゃなかかった。

宿泊したホステルのすぐ下は

ちょっとした広場で、

深夜1時、2時、3時と

ひっきりなしにゴミ収集車と

清掃車が通っていった。

もう瓶がひっくり返る音とか

割れる音とかすごい。

確かにこれだけの観光地で、

瓶や缶やプラスチックをゴミ箱に

ドカドカ入れてたら…。

バルセロナが観光規制を制限するのが

少しわかる気がする。

バルセロナの人口の約20倍の人が

観光でバルセロナを訪れるらしい。

バルセロナ住民の悩みは

失業の次が観光客の多さらしい。

 

でもサグラダファミリアが完成する

2026年にはもう一度行きたいな。