旅の途上

オランダで「小学校教員になるまで」と「なってから」の足跡。

Day688 ~象の進化から考える~

象。それは動物園でも人気の陸上で一番大きな体を持つ哺乳類。

f:id:katsu1017:20200210071114j:plain

では、これは?

f:id:katsu1017:20200210071328j:plain

つぶらな瞳に、垂れた鼻、短い脚に、丸い体。私が捕食者の立場なら、簡単にハントできると思ってしまう。この生物の名前は、モエリテリウム(Moeritherium)象の祖先にあたる。水辺で水草などを食べていたらしい。もちろん、捕食者の格好の餌食でもあった。

そこで、生きていくための進化がはじまる。これは、フィオミア(Phiomia)高さは、1.4mほどで現代の象に比べるとまだまだ小さいが、体が大きくなり、牙を持つようになる。

f:id:katsu1017:20200210071351j:plain

お次は、デイノセリウム(Deinoterium)高さは、3mほどになり、現代の象に近い姿になる。牙が下向きに生え、鼻が長くなり、背の高い木にアプローチできる。

f:id:katsu1017:20200210072557j:plain

牙の生え方が前方向に変化するゴムフォセリウム(Gomphotherium)高さは、2.3mに落ち着いている。

 

f:id:katsu1017:20200210071401j:plain

クビエロイウス(Cuvieronius)は、耳の大きさや体のバランスなどが現在のインド象に似ている。肩までの高さは3m。

f:id:katsu1017:20200210071419j:plain

そして、マンモスによく似ているMammut(マムット)スイスのアウトドアファッションの会社名は、この生物からきている。高さは、3.1mで温かい毛皮で包まれている。

f:id:katsu1017:20200210071425j:plain

ステゴドン(Stegodon)は、現在の象とほとんど同じ大きさで、高さは4m近くになる。牙が長いのが特徴。

f:id:katsu1017:20200210071429j:plain

そして、最後はマンモス(Mammoth)現在の象の直接の祖先ではないが、絶滅した象の仲間。「巨大な~」という意味の比喩にも使われる通り、高さは6mにも及んだ。

f:id:katsu1017:20200210071435j:plain

牙の長さが、5mに達することもあったという。

f:id:katsu1017:20200210071440j:plain

このポールでマンモスの高さがわかる。ちなみに私は、下から2番目の白のゾーンの真ん中らへんだった。4人肩車してやったマンモスの頭頂を拝めるかどうかといったところ。

f:id:katsu1017:20200210071447j:plain

つまるところ、現在相対的に強いと思われている存在でも、始まりがあるということ。また、始まりは強くはなかったということ。そして、進化は続いているということ。

f:id:katsu1017:20200210071531j:plain