Day54

いままで、どうやって友達をつくってきたのだろうか?

そう自分に問いかけてみると、

答えるのに少し時間がかかる。

 

社会人になってから、

地元埼玉の友達にこんなんことを言われたのを思い出した。

「かつはおれらのこと甘く見てる」

中学校からの友達の言葉。

 

担任した6年生のクラスの子で、

こんなことを話してくれた子がいる。

「〇〇くんと〇〇さんに感謝を伝えたいです。」

「二人は、ぼくに放課後に友達と遊ぶ楽しさを教えてくれました。」

その子は、本当によく笑うようになった。

そして、友達の輪は広がっていった。

 

明日、ここで初めての友達ができるかもしれない。

不安と期待がある。

自分のことを上手に伝えることができるか?

という不安。

どんな人だろうか?

という期待。

 

友達はどうやってつくるんだろうか?

いま思うのは、

友達がほしいということ。

Day47

昨日、「Kinderdikj」に行きました。

 

辞書を引くと、

「kind」は「child」

「kinderbed」で「child's bed」

「kinderboek」で「children's book」

「kinderpistooltje」で「toy pistol」

 

「dijk」は「dike」

 

日本語にすると、

「こどもの土手」

カタカナ読みで、

「キンデルダイク」。

1997年に世界遺産に登録。

 

家から大体10kmちょいなので、一昨日買ったチャリで。

その名も「デ・リーフデ号」

f:id:katsu1017:20180509143027j:plain

高校の通学の時以来あまり乗っていないチャリ。

ブランク14年を考えずに出発したことを後悔。

まず、サドルが固すぎて股が痛い。

次に、交通ルールに慣れてない。

(右側走行なことや曲がるときの手のサイン。)

さらに、ポロシャツ短パン、サンダル姿のおじいちゃんや、

前後にこども乗せているママや、

並走して話しているおばちゃんたちに、

抜かれる抜かれる。

もう、みんな競輪選手に見える。

そして、25℃くらいの夏日なのに、

ホットコーヒーを持って行った。

 

でも、道中は愉快でした。

景色がのどかで。

f:id:katsu1017:20180509141958j:plain

ウシとか、ウマとか、ラマとか、ヒツジとか、トリとか色々。

f:id:katsu1017:20180509141950j:plain

これ、すごい遊び心。

投げ入れ用、ごみ箱。

f:id:katsu1017:20180509141908j:plain

リバウンドは誰がするんだろうか。

f:id:katsu1017:20180509141940j:plain

40分くらい走ると、運河沿いへ。

f:id:katsu1017:20180509142046j:plain

渡し舟の乗車賃。0.75ユーロ。

チャリと人間セットで、0.8ユーロ。

f:id:katsu1017:20180509142045j:plain

もう、対岸丸見えの距離から船がやってきます。

f:id:katsu1017:20180509142058j:plain

中は、

f:id:katsu1017:20180509150526j:plain

チャリで行けます。

f:id:katsu1017:20180509150042j:plain

すごいのどかでした。

釣りしてたり、泳いでたり。

f:id:katsu1017:20180509142202j:plain

動画を見せたい。

f:id:katsu1017:20180509142156j:plain

記念メダルはどこにでも売っている。

f:id:katsu1017:20180509142542j:plain

ちなみにこの建物はトイレ。0.5ユーロ。

f:id:katsu1017:20180509142323j:plain

中に入って、稼働していた当時の生活を見れます。

f:id:katsu1017:20180509142204j:plain

f:id:katsu1017:20180509145736j:plain

 

f:id:katsu1017:20180509142321j:plain

f:id:katsu1017:20180509142335j:plain

冬は、運河が凍ってスケートしてる絵葉書とかあったけど、

できたらいいなぁ。

25

f:id:katsu1017:20180509150330j:plain

Day43

今日はやっととれたアポイントのために、万全だったはず!

 

時間も、

場所も、

間違えていた。

 

やってしまった。

 

時間は20分遅く記憶してて、

場所はロッテルダム市役所だと思い込んでいた。

 

自分の思い込みでは、15:40アポだと思っていたので、

余裕をもって20分前の15:20にロッテルダム市役所へ到着。

でも、インフォメーションで、「ここじゃないよ」って。

 

「えっ。」

「ちがうの?」

・・・メールを見返すと、確かに住所違う。

しかもアポの時間も違う。

 

「えっ?」

「どこなの?」

「いまなの?」

なんか、わけわかんない汗がたくさん出てきて。

「そこは、歩いていけるの?」

「どうしてここじゃないの?」

歩いて10分で行ける場所だったらしいので、

走って向かうことに。

でも、目的の場所に到着したのは15:40。

 

受付の男性は、気持ちがいいくらいに毅然としていた。

「遅れたからもうだめだわ。」

「またアポイントとって。」

いや、もう汗が滝のように垂れてるし、

袴の絵柄のTシャツ着てるし、

ここにいるのに、会えないの?

実際のところ、どうにかなるでしょ?

という考えが一瞬脳裏をよぎりますが、

受付の男性の「アイム ソーリー」の一言で、

流れて消えていきました。

 

その場で、もう一度電話してアポイントを取りました。

ちなみに、6月1日が最短。

ほぼ、1か月。

衝撃の事実。

でも、電話に出てくれた女性が、

「心中お察しします」的な感じで、

ちょっとおちゃめな雰囲気で、

救われました。ちょっと楽しいとすら感じた。

「キャンセル出るかもだから、また電話したらいい」ってアドバイスもくれたので、

これから毎日市役所に電話をする日々になりそうです。

 

やっちまったなってときは、気持ちが嵐の海の様に波打ちますが、

もう怒りとか悲しみとかおかしさとかいろいろ。

それを穏やかにするには、

衝動買い、好きなものを食べて、好きなものを飲む、

司馬遼太郎を読む、汗をかく、が私の場合うまくいくようです。

そうすると、「やっちまったこと」をどうおもしろく話すか考えることができる。

次は、やらかさないようにしよう。

Day42

全然勉強不足だけれど、この人に会ってみたい!

オランダ建国の父。

どんな人だったんだろうか。

オランダ建国の父・オラニエ公ウィレム1世を知る17トピック | すごい人まとめ

 

明日は住民登録。

どんな日になるだろうか。

オランダは「戦没者慰霊の日」。

Day40

からだを動かす。

 

ヘタすると、一日中14㎡から出ない。

へたすると、一日中一言も発しない。

その可能性があったので、外へ。

f:id:katsu1017:20180502133149j:plain

バスケットボールを買って。

f:id:katsu1017:20180502132853j:plain

ここがいまの練習場。

f:id:katsu1017:20180502133126j:plain f:id:katsu1017:20180502133104j:plain

20、30分だけ毎日。これで汗をかく。

練習相手をつくらないと。

 

フリマでかったシューズを履いてランニング。

f:id:katsu1017:20180502133431j:plain

いまは20分を毎朝。これで何人ともあいさつする。

そのうちウインクしたい。

 

目標があった方がやる気が出るので、

オランダのマラソン大会を調べる。

アムステルダムでヒットする。

申し込む。

f:id:katsu1017:20180502133218p:plain

参加するだけなら80€以内。

f:id:katsu1017:20180502133225p:plain

面白かったというか戸惑ったのは、

がんセンターに寄付することが参加条件であること!

1€~。

「健康だ!」っていうことを、

申し込みのときに気付かせてくれるシステムだと思った。

 

からだを動かすことが自分にとってどのくらい大切かというと、

食べることと寝ることの次くらい。

ずっと座ってパソコンうってたり、

ずっと座ってノートにかいてたり、

ずっと座って本読んでたりもいいけど、

それでも頭は動くんだけれど、

ちがう方法でも頭は動く。

バランス。強弱。緩急。変える。

これを自分とつくっていく日々は面白い。

Day38

住民登録のための市役所へのアポについて

の戦い。

 

1回戦

移民局の帰りだったので、市役所へ直行。

市役所の建物の荘厳さにじゃっかんのまれる。

f:id:katsu1017:20180501065353j:plain

インフォメーションで、アポイント取りたい旨伝える。

紙切れ渡される。

「電話して」ってなる。

「携帯のチャージないから電話して」ってお願いする。

「私の仕事じゃないから無理」ってきっぱり断られる。

少し落ち込む。

プリペイド携帯のチャージなくてスーパー行く。

チャージする。

 

2回戦

市役所の目の前で電話する。

すごい早口の人が出る。

なんて言ってるか聞き取れない。

自分の言ってることも意味わからない。

伝わらない。

伝えたい気持ちがすれ違い続ける。

お互いイラついてくる。

「かけなおして!」っていうのは聞き取れた!

その言葉を最後に電話切れる。

何とも言えない無力感に打ちひしがれる。

 

3回戦

家に帰って必要書類とか机に広げる。

パソコンでGoogle翻訳立ち上げる。

もう一度電話する。

すごいゆっくりした口調の人が出る。

伝えたいこと伝わる。

でもスケジュール空きない。

「来週もう一度電話して」ってなる。

今までの2戦が惨敗だっただけに、

「ありがとう」を3回くらい言って電話切る。

気持ちが通じ合えてうれしさを感じる。

 

4回戦

今日の朝一電話する。

すごいおだやかな口調の人が出る。

めっちゃ丁寧に対応してくれる。

気持ち伝わり続ける。

必要事項確認される。

間違えがないように、

名前のスペルとか一文字ずつ確認してくれる。

こんな感じ。

「Katsuhiro Kanazawa」

 

ファミリーネームから。

「king」、「k」

「animal」、「a」

「nature」、「n」

「animal」、「a」

「zebra」、「z」

「zoo」、「z」

この「z」が難しかった!

すっごい「j」に聞こえて。

「animal」、「a」

「world」、「w」

「animal」、「a」

次は、ファーストネーム。

「king」、「k」

「animal」、「a」

「tigger」、「t」

「star」、「s」

「union」、「u」

「happy」、「h」

「item」、「i」

「india」、「i」

ここも少しひっかかる。

「roger」、「r」

「over」、「o」

相槌をいれながら一緒に確認。

この後メールアドレスのスペルもこの調子。

「いまメール見れる?」って聞かれる。

すぐ見る。

「そのままメールみて」って言われる。

「届いてる?」って聞かれる。

「待って待って・・・・・・届いてる!」という事実。

「いま確認できてるよ!」感動。

「イエス!」雄叫び。

「おれ、メールが見えてる!」感動極まる。

「名前も間違えない!」気持ち通じた充足感。

「やったよ!」再び雄叫び。

「ありがとう!本当にありがとう!なんていったらいいのか…」感無量。

お互いにいい一日を過ごせますようにと祈り合って別れを告げる。

ホントは別れたくない気持ちでいっぱい。

もうそれくらい好きになってる状態。

ぐっとこらえてセイグッバイ。

 

今週の金曜日、アポとれました!

Day35

今日は、Koningsdag!

ウィレム=アレクサンダー・クラウス・ヘオルフ・フェルディナント・ファン・オラニエ=ナッサウ国王の51歳のお誕生日でした。

約2日間、家から出たのはバスケットと近くのスーパーくらいだったので、

ロッテルダムまで出かけてきました~

 

どのお店も特設コーナーがあって、

f:id:katsu1017:20180428050349j:plain

レッドブルなんて、レッドのはずなのにオレンジになっちゃって、

f:id:katsu1017:20180428050305j:plain

国旗は掲揚!

f:id:katsu1017:20180428051902j:plain

家が傾くほど祝福しているお宅も。

f:id:katsu1017:20180428050326j:plain

アパートの中はダンスホールと化していて、

f:id:katsu1017:20180428051423j:plain

このモール内は、そりゃもう。

f:id:katsu1017:20180428050808j:plain

右上。

f:id:katsu1017:20180428051321j:plain

左上。

f:id:katsu1017:20180428051328j:plain

フリーマーケット会場では、

f:id:katsu1017:20180428053101j:plain

みんなワイワイしてて、

f:id:katsu1017:20180428050850j:plain

モンスターファームを少し思い出したり、

f:id:katsu1017:20180428050855j:plain

買わないけどサングラスかけたり、

f:id:katsu1017:20180428050846j:plain

結局買ったのは、

f:id:katsu1017:20180428051240j:plain

ナイキのランニングシューズ

スプーン、ナイフ、フォーク

ポストカード2枚

恐竜の絵本2冊(一冊は恐竜の皮膚の手触りと声が聞ける!)

 

これでいくらだったと思います??

 

市役所の目の前がライブ会場になってたり、

(ライブ会場はいろんなところに特設でありました。)

大道芸人がたっくさんいたり、

子ども(小学生くらい)が楽器を演奏してお金をもらったりもしていた。

そういう子、バイオリンとかギターとか結構たくさんいた。

楽しかった。