Day111

教も会計士に会いに。

今日会う会計士さんは、まだ家が決まる前、

合わせて40kgのスーツケースをコロコロしたいたころ、

民泊でお世話になったピーターが紹介してくれた人。

片道2時間。

ちょっと遠いけど、

一度会わないと一緒に仕事をしないというスタイルの人。

その考え方には賛成できるので行くことに。

 

最寄駅からロッテルダムを経由してライデンへ。

そこからバスで移動。

しかし、降りる駅をめちゃくちゃ間違えて、

目的地のはるか7kmも手間で降車。

しかも次のバスが来るのは30分後。

バスを待っていたら間に合わない。

ということで歩くことに。

でも歩道がないハイウェイ的なところ。

歩いちゃダメなところ。

なるべく路肩を歩くようにしてたけれど、

牛が、牛とういう牛が、

「マジかよあいつ…」

「そこ歩道じゃないから…」

見たいな感じで見てくる。

もうほんとに牛という牛が、

食事の手を止めてこちらを凝視してくる。

しばらく歩いたけれど、間に合わない感じ。

走ろうかなと思ったときに、車が停まって乗せてくれた。

すげーいい人だったな~。

目的地の前まで送ってくれました。

教育に興味があるって話してたら、

奧さんが企業研修とかをしてるって話をしてくれた。

あとは、オランダ生活はどうかとか、

日本の天気の話とか、

西日本の豪雨のことも。

あっという間に目的地に。

おかげさまで30分前に到着。

名前は知らないけど、ありがとう!

助かったよ

 

中に入ってみると、これまた背の高い男性が。

メールでやり取りしていたロブさん。

そう、スポンジロブ。

いや、ちがうか。

てっきりピーターの友人かと思っていたら、

ピーターの友人をクライアントに持っている人だった。

ピーターはいったい何人の人に聞いてくれたんだろう。

たぶん、いろんな人に当たってくれたんだろうな。

しかも、日本人のクライアントがいるところを…。

ありがたいな。

 

スポンジロブは、めちゃ話す人だった。

というか、知っておくべき情報が多い。

約2時間、ほぼ聞くかんじだった。

でも、事例をあげながら具体的に説明してくれた。

プライベートな話はあまりしなかったけど、

税金についての話が誠実だったこと、

質問に対する回答がわかりやすかったこと、

笑うときの目がいたずらっ子っぽかったこと。

 

そんなこんなで、

会計士はスポンジロブに決めました。